平成28年度 芦屋市立山手中学校<教育目標・学校経営方針>
                                                               
1 学校経営の基本方針及び指導の重点
(1)一人一人の生徒に応じた指導を重視して、心身ともに健康であり心豊かな生徒の育成を推進する。
(2)基礎・基本の学力を重視するとともに、学校便り、学年便り、学級通信などにおいて家庭学習の重要性をよびかけ定着を図る。
(3)全領域で道徳教育、人権教育を推進して、豊かな心とたくましく「生きる力」をはぐくむ。
(4)思考力・判断力・表現力を培い、言語能力を育成すると共に確かな学力の定着と個性の伸長を図る。(山中タイムの更なる充実)(5)問題行動の早期発見と予防に力を入れるとともに、いじめや暴力には毅然とした対応をする。
(6)3年間を見据えての進路指導の充実。(第一学区における進路指導の充実)
(7)多くの人々によって自分が生かされている事を考え、敬愛と感謝の心のある生活態度を養い、社会に奉仕貢献できる人間を育てる。
(8)教職員相互の信頼と協力を図り、保護者や関係諸団体、関係機関との連携と協力のもとに学校経営の円滑化・効率化・活性化を図る。
(10)開かれた学校を目指してオープンスクールを実施する。
(11)地域の優れた人材を活用する。(総合的な学習や学校行事)
(12)説明責任と結果責任を果たす。(学校便りやホームページの充実)

2 学校教育目標
 ◇学校教育目標◇ 「豊かな心を育て たしかな学力 たくましい体力を身につける」
            ~ 一人ひとりを大事に 居場所のある学校 ~
・心身ともに豊かであり、かつたくましい生徒の育成。
・わかりやすい授業を心がけると共に、確かな学力を身につけさせる。
・生徒も職員も明るく元気に、そして活気のある学校づくり。
・全教職員で全生徒を見守りチーム山手で指導をおこなう。
<校訓:たくましく、ゆたかに>
・進んで学びとろう(基礎学力の定着をはかり、学ぶ力を育てる。)
・力を合わせて、成し遂げよう(成就感、満足感を得られるような行事)
・命を大切にしよう(自尊感情を高める指導)

(1)自己開発に努力
・体験学習や問題解決学習を積極的に取り入れ、主体的な学習を身に付けさせるとともに自己能力の可能性を信じて、常に自己開発する心を育てる。
(2)充実した生活
・道徳人権教育の充実、生徒会活動及び日頃の生徒指導の充実。
(3)集中して学ぶ
・基礎・基本の学力向上のために、研修及び多様な授業実践の充実を図る。
(4)命を大切にする
・自尊感情を育成すると共に生命尊重の精神の育成深化。
・人権の尊重及び学校安全の徹底。
(5)教師の指導力の向上
・年に一回程度の公開授業を行ない互いに切磋琢磨して授業力の改善を図る。

3 めざす学校像
 ・明るく元気に活気があり、秩序のある学校
 ・生徒一人ひとりの良さを認め、伸長する学校

4 めざす生徒像
 ・意欲を持って学習に取り組める生徒
 ・命を大切にして思いやりがあり礼儀正しい生徒
5 めざす教職員像
 ・一人ひとりの生徒を大切にして、授業改善に努め、指導力豊かな教師
 ・さまざまな問題を見過ごさず対応できる教師
 ・健康で明るい教師
6 今年度の重点目標<素直、反省、感謝のの心を持つ山中生>

   素直…なんでも素直に受け入れる生徒

   反省…日々を反省し分を高める生徒

   感謝…周りへの感謝を忘れない生徒

・豊かな人格形成を培う道徳人権教育の充実。
・基礎学力の定着と指導方法の研修(各教科における言語活動や学び合い活動の充実)。
・生徒の自主性を重んじ、自らの責任を自覚し、自ら学び、自ら考える生徒の育成を図る。
・進路を見すえ、個に応じた特別支援教育の充実。
・生徒指導部会の方針をもとに学年会からの情報提供を重視して、情報の共有化を図り、共通理解に基づく「組織的な生徒指導」に努める。

<具体的には>
・報告、連絡、相談、記録を確実に行う。(一人で抱え込まない)
・教職員相互、生徒や保護者に対してさわやかに笑顔であいさつを行う。(元気よく挨拶)
・学年をこえて全員で一人一人の生徒を見守り指導を行う。(学年をこえての指導・学校全体の実態把握及び協力体制)
・問題が生じた場合には電話ではなく家庭訪問を迅速に行う。(長電話よりも顔を見ての連携指導)
・教職員同士の対話を重視する。(お互いに良い所を認め、分かり合える関係づくり)
・使用したものは元の場所へ返却する。(後始末をしっかり)
・今年の教職員メンバーが一番と考える。
・電話の対応や保護者面談等についての接遇は特にきをつける。
・NO残業デイDAY等の業務改善に積極的に取り組む。(月1回以上の実施取り組み)
・学校の安心安全については全員で取り組む。(月1回の安全点検の実施)
・危機意識及び対応については常に最悪を想定しておく。(自然災害、不審者、大きな怪我等)

 

 

 

 

 

 


PDFファイルについて

ホームページの一部内容は、PDFファイル形式で掲載をしております。PDFアイコンもしくは、(PDF)表記のあるリンクをご覧の際には、「Adobe Reader」が必要となります。インストールされていない場合は、Adobe Readerダウンロードページ(外部サイト)へお進みください。