» 令和元年度(2019年度) 芦屋市立潮見中学校 学校経営方針

1 教育目標

(1)学校教育の目標

自分を大切に「鍛錬」(きびしさ)
人を大切に 「尊敬」(おもいやり)
物を大切に 「愛情」(やさしさ)
街を大切に 「感謝」(よろこび)

(2)めざす学校像

笑顔あふれる学校

(3)めざす生徒像

命・つながりを大切にし、自ら学ぶ思いやりのある生徒

(4)めざす教師像

生徒の成長を支援し,責任感と向上心を持ち続ける教師 

(5)経営方針

≪環境≫
清掃・整理・整頓をしっかり行い、居心地の良い環境を作る

≪生徒≫
①お互いを尊重し、思いやりのある生徒を育てる
②学習、行事に粘り強く取り組み、成就感を共有しながら自尊感情の高い生徒を育てる
③あいさつができ、自ら行動できる生徒を育てる

≪教職員≫
①コミュニケーションの充実と情報共有を図り、チーム学校として組織的に動く職場を構築する
②労を惜しまず、謙虚な姿勢を忘れず、保護者・地域に信頼される学校を創造する
③教育公務員としての自覚を再認識し、生徒の成長を支援するための教師力(使命感・責任感,
専門職としての知識技能,総合的な人間力)を向上させるよう自己研鑽に努める 

2 指導の重点、努力目標

(1)確かな学力の定着に努める
①授業改善と工夫につとめ、授業公開、相互の授業参観を積極的に行う
②生きて働く知識・技能の習得及び思考力・判断力・表現力等の育成に向け、主体的・対話的で
深い学びを実現するとともに、生徒が達成感を持てる授業を創造する
③タブレット等ICT機器を有効活用し、生徒がより分かりやすい授業をめざす
④ 生徒は、自ら学ぶ姿勢を確立し、家庭と連携して家庭学習の定着を進める

(2)心通い合う生徒指導に努める
①教育相談を充実させ、生徒が相談しやすい雰囲気をつくり、生徒理解を深めることにより、
生徒・保護者との信頼関係を構築する
②いじめ・暴力には、毅然とした態度で対応し、生徒一人一人が安全で安心して過ごせる学校をつくる
③教職員も生徒も気持ちよくあいさつを交わし、礼儀正しく規律ある心地よい学校をつくる
④保護者・地域・関係機関と迅速に的確に連携し、問題行動の予防と早期発見・早期対応に努める
⑤教職員の勤務時間の適正化を図り、生徒と接する時間の確保に努める

(3)豊かな心の育成に努める
①特別支援教育・多文化共生教育の充実を図る
②道徳の教科化に伴い「考え、議論する道徳」への質的転換を図るための研究を進めるとともに、
道徳教育・人権教育を全領域で推進し、感性豊かな生徒を育む
③「ブックワーム芦屋っ子」の育成に向け、生徒の読書活動が深まるように図書館教育の充実を図る

(4)家庭・地域との連携を図る
①保護者・地域に開かれた信頼される学校をつくる
②保幼小中の連携を進め、中学校卒業までを見通した系統的な指導の構築を目指す


PDFファイルについて

ホームページの一部内容は、PDFファイル形式で掲載をしております。PDFアイコンもしくは、(PDF)表記のあるリンクをご覧の際には、「Adobe Reader」が必要となります。インストールされていない場合は、Adobe Readerダウンロードページ(外部サイト)へお進みください。