2019/03/18 もうすぐ年長組! 畑デビュー/うさぎ当番

3月18日 お野菜デビュー (1) 3月18日 お野菜デビュー (2) 3月18日 お野菜デビュー (3)

年少組さん、お待たせしました!!やっとお野菜・メインの畑デビューです。
メンズクラブの佐藤さんに教えてもらいながら、ジャガイモの種芋を植えました。
ジャガイモは、ジャガイモを植えるんだね。やさしく土をかけて、大切なお約束があります。
目が出るまでは「お水やりを・・・しません」種芋が腐ってしまうんだって。
4月になって、みんなが年長組になるころには、しっかり芽が出ているでしょう。

うさぎ当番も頑張ってますそして、引き継いだうさぎ当番も頑張っています!!!


2019/03/15 卒園式

 卒園式 (1) 卒園式 (2)

はなむけのことば

平成30年度 卒園式 

なでしこ組さん、もも組さん、ご卒園おめでとうございます。

とうとう皆さんの卒園の日が来てしまいました。今日は皆さんの卒園をお祝いしてたくさんのかたがたが、皆さんの卒園をお祝いに来てくださいました。ありがとうございます。皆さんの後ろにはお家の方もたくさん来てくださっています。

 卒園するみなさんに送るお話を、歌声がとっても素敵だった皆さんが、生活発表会で歌った歌でお話をします。もも組さんは金子みすゞさんが作った詩「私と小鳥と鈴と~みんな違ってみんないい~」の歌を歌いました。年長組の皆さんは本当に「みんな違って、みんな素晴らしい」でした。虫が大好きな虫博士、走るのが速い鬼ごっこの達人、お絵かきが大好きなお友達、一輪車名人、けん玉もしかめチャンピオン、他にもいろいろな遊びで、自分の大好きなもの、チャレンジしたいもの、目標をもってどんどん取り組むもの、がありました。また、運動会のリレーでは、どうしたら全員が自分の力を出し切って走れるかも考えあいました。初めてトラック1周を一人で走れるようになったり、友達をさりげなく伴走したり、転んでしまった友達と「一緒に走ろう!」と手をつないだり、転んでもまた立ち上がって走ったり・・・そんな優しさと強さがいっぱい育った年長組さんです。

そして「みんな違ってみんないい」の中には、「難しいな」と思うことや「緊張するけどどうしよう・・・」ということもありましたね。また、「みんな間違うことがあってもいい」のです。皆さんは、難しいことにチャレンジしたり、緊張を乗り越えようとしたり、間違ってもちゃんと謝ったりやり直しをしたりしてきましたね。その経験がよりみんなの心を強くしてくれたと先生は思います。

そして、なでしこ組は「このまちがすき」の歌を歌いました。みなさんは宮川幼稚園に通い、芦屋市という町で大きくなっています。芦屋市がみんなのふるさとですね。もしかした芦屋市をお引越しして遠くに行ってしまうこともあるかもしれませんが、宮川幼稚園で培った宮川パワーはなくなることはありません。

「宮川幼稚園が好き」「芦屋の町が好き」の気持ち、そして「ひまわりのような笑顔」をいつまでも大切にしてください。

 保護者のみなさま、本日はお子様のご卒園、おめでとうございます。「みんなちがって、みんな素敵な子どもたち」との出会いは、素敵な子育てをされている保護者の皆さんとの出会いでもありました。いろいろご心配をかけたこともありましたが、宮川幼稚園の教育にたくさんのご理解とご協力をいただきました。そして、ご一緒に子どもたちの成長を支え、喜び合うことができたことへの感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 年長組さん、幼稚園は卒園してしまい、先生たちはちょっと寂しいですが、皆さんが大きくなっていってくれることが先生たちの一番の喜びであり、幸せです。幼稚園での経験を心の宝物にして、これからもいろいろなことにチャレンジしていってください。先生たちはいつまでも応援しています。

 


2019/03/06 お別れ会

3月6日 お別れ会小さい組さんがお別れ会を開いてくれました。
招待状も、飾りも、アナウンサーも、自分たちで考えました。もうすぐ小学生、もうすぐ大きい組。

たくさん遊んだお友達とも、もうすぐお別れですが、みんなはきっと新しい生活に向けての希望の方が大きいでしょうね。


2019/02/27 スマイル アイさん出前保育(目が見えないってどんなこと?)

スマイルアイ (1) スマイルアイ (2) スマイルアイ (3) スマイルアイ (4) スマイルアイ (5) スマイルアイ (6) スマイルアイ (7) スマイルアイ (8)<「スマイル アイ」出前保育 >

 視覚障がいの方のグループ、「スマイル アイ」のお二人とガイドヘルプの方お二人で幼稚園に来てくださいました。視覚障がいの方が使う物のお話を聞いたり見せてもらったりしました。実際にもやってみました。

小学校では、福祉に関する授業があり、4年生で視覚障がいのことを勉強します。スマイル アイの方がなぜ就学前の子ども達の幼稚園・保育所でも「出前保育」をしようと思ったかを打ち合わせの時にお話しくださいました。それはメンバーの方のご経験からでした。いつものように白杖をもって歩いていると、警察の方が来て「棒をもってうろうろしている人がいると通報があってきたのですが、あなただったのですね」と言われたとのこと。就学前の子どもさんが、「棒をもってうろうろしている人がいる」とお母さんに知らせると、お母さんがすぐに何も確認しないでそのまま警察に通報されたそうです。もしも、子どもも保護者も白杖のことを知っていたら(保護者の方は見たらわかったかもしれませんが)こんなことはなかったかもしれないですね。就学前の子どもたちにも知ってもらいたいと思われ、出前保育を始められたとのことです。

白杖、誘導タイル、など生活に必要な物、卓球、オセロ、トランプ等スポーツや遊びに使うもの、そして点字の絵本や点字で名前を書くなど、を興味深く見ていました。年長組は最後に見せてもらったいろいろなものを触ったり使ったりしてみました。これから身近にあるものを見たり街中を歩いたりするときに、子どもたちの気付きに共感したり、お家の方の気付きを伝えたりしていくと、普段の生活の中でも楽しく福祉が学べますね。


2019/02/25 お別れ遠足(神戸市立須磨水族園)

<お別れ遠足 須磨水族園 >

 行きのバスから年少年長ペアのお友達と一緒に出掛けました。大水槽の大きなサメやエイに歓声をあげるところから始まり、色とりどりの熱帯魚、面白い形や生態の生き物に、ペアのお友達で見つけたことをいろいろ話しながら楽しく回りました。「小さい組さんに見えやすくしてあげてね」と声をかけると、さっと外側に回る大きい組さんがとても頼もしかったです。

DSC_0416 DSC_0420 DSC_0429 DSC_0434 DSC_0444 DSC_0456 DSC_0457 DSC_0458 DSC_0464

 

身近な自然とはまた違う、ダイナミックな出会いや、不思議な出会いや、美しい出会いや、面白い出会いがたくさんありました。

最近は何でも映像で見つけられ調べられますが、こうやって、自分で出かけて、自分の目で見て、心を動かして感動する体験は大切だなと改めて思う今日この頃です。


園紹介
園生活
ブログ
学校評価
子育て支援
便利なリンク

PDFファイルについて

ホームページの一部内容は、PDFファイル形式で掲載をしております。PDFアイコンが付いたリンクをご覧の際には、「Adobe Reader」が必要となります。インストールされていない場合は、Adobe Readerダウンロードページ(外部サイト)へお進みください。