2019/01/07 3学期始業式

 始業式でのお話。

 去年の12月、将棋の羽生さんの記事が新聞に載りました。
 
 羽生善治竜王敗れる 27年ぶり無冠に(18/12/22)
 将棋の竜王戦最終第7局で羽生善治竜王が防衛に失敗し、27年ぶりの無冠となりました。
 タイトル通算100期という前人未到の偉業まであと1勝としていた羽生竜王でしたが、挑戦者の広瀬章人八段に167手で敗れて防衛に失敗。27年ぶりに無冠となりました。

 すごいですよね。勝ったことではなく、負けたことが記事になるのです。
 将棋の世界で、27年間ずーーーーっと何かの大会のチャンピオンだったんです。
 すごく「才能」がある人だと思いますよね。
 この羽生さんが、「才能」について次のように言っています。   

「以前、私は才能は一瞬のきらめきだと思っていた。
 しかし今は、十年とか二十年、三十年を同じ姿勢で、
 同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。」

 みなさんは、この冬休み、新年の目標を立てたと思います。
 うまくいくこともあれば、うまくいかないこともあるかもしれません。
 でも、しんどくなってしまったり、うまくいかないことがあったとしても、
 少し一休みして、また頑張ることができればいいですね。
 自分の目標に近づくために、羽生さんの言う努力を続けられる才能を身につけてほしいと思っています。


PDFファイルについて

ホームページの一部内容は、PDFファイル形式で掲載をしております。PDFアイコンもしくは、(PDF)表記のあるリンクをご覧の際には、「Adobe Reader」が必要となります。インストールされていない場合は、Adobe Readerダウンロードページ(外部サイト)へお進みください。