2014/09/01 いよいよ2学期のスタートです。

 長い夏休みが終わり、2学期が始まりました。元気な子どもたちの姿が学校にあふれて、本来の学校の姿を取り戻したような気持ちです。2学期は、高学年の宿泊行事や音楽会、児童会行事などがあります。充実した2学期になるよう努めてまいります。

久しぶりの全校児童集合です。ちょっと気持ちが引き締まりました。

久しぶりの全校児童集合です。ちょっと気持ちが引き締まりました。

代表の子どもたちが、2学期の決意を話してくれました。

代表の子どもたちが、2学期の決意を話してくれました。


2014/07/18 1学期が終わりました。

 今日で、1学期のが終わりました。8時半から体育館で終業式を行いました。じっとしていても汗が出てくる暑さでしたが、子どもたちは辛抱してしっかりと話を聞いてくれていました。基本的なこととはいえ、1年生から6年生まで、静かに話す人の顔を見ながらじっと聞いている姿にとてもうれしく思いました。

さすがに全校生がそろうと圧巻です。

さすがに全校生がそろうと圧巻です。

1,3,5年生の代表の人が、1学期の振り返りを発表してくれました。

1,3,5年生の代表の人が、1学期の振り返りを発表してくれました。

 長い夏休みです。子どもたちが事件や事故に巻き込まれたり、怪我をしたりしないか心配します。新聞やテレビでは小学生が巻き込まれた事件が報道されていますし、校区内でも交通事故が発生しています。様々な機会で子どもたちには注意を呼びかけていますが、ご家庭でもよろしくお願いいたします。2学期の始業式には、みんなが元気に登校してくれることを願います。


2014/06/30 勇気ある行動に感謝状!!

 今日の、全校朝会で4年生の児童に感謝状を手渡しました。実は、6月の初めに、JR芦屋駅東側の踏切で、遮断機が下りているのに線路内に閉じ込められている自動車を見つけた彼が、踏切横の非常ボタンを押したことにより大きな事故にならずにすんだという出来事がありました。先だって、JR芦屋駅の駅長さんが、素晴らしい行動をとってくれた児童に感謝状を手渡したいと来校されて、校内で感謝状贈呈式をおこないました。今日は、全校生にも本校児童の勇気ある行動をお知らせしたいと思って、感謝状を読み上げました。

 とっさのときに私たち大人でも、判断を迷うことがあります。いつでも正しい判断ができるとは限りませんが、勇気をもって行動できるように努めたいものです。とてもうれしいお知らせでした。

 


2014/06/23 南極の氷の授業です。

 今日は、芦屋市教育委員会のご協力で、南極観測船「しらせ」が持ち帰った南極の氷を使っての授業を行うことができました。海上自衛隊が持ち帰られた氷を使って、6年生児童が1万年前の空気を味わいました。というのは、今回にお持ちいただいた氷は、約1万年前に積もった雪が長い年月をかけて凍ったもので、中に含まれている気泡はその時の空気だそうです。氷を持ち帰られているのは、氷を科学的に分析して当時の状況を研究するためだそうで、岩園小学校にはその貴重な氷の1つを持ってきていただいたわけです。子どもたちは、手で触ったり気泡のはじける音を楽しみました。そして、南極の様子や、「しらせ」の活動について学ぶことができました。

「しらせ」の写真をバックにお話をしていただきました。

「しらせ」の写真をバックにお話をしていただきました。

いよいよ南極の氷の登場です。

いよいよ南極の氷の登場です。

最後にもう一度、においや気泡の音、手触りを楽しみました。

最後にもう一度、においや気泡の音、手触りを楽しみました。

質問にも丁寧に楽しく答えていただきました。

質問にも丁寧に楽しく答えていただきました。


2014/06/19 命の学習

 先ほど、岩園小学校のあるクラスで飼育していた金魚の埋葬に立ち会ってきました。数日来、白点病が全身に広がってしまい、薬の効果を待つことなく天国に旅立ちました。子どもたちは金魚にお別れの手紙を書いて、先ほど校内の一角でお別れをしました。回復を願っていた子どもたちにとっては辛い出来事だったかもしれませんが、金魚の命をこんなにも重く受け止めてくれている子どもたちの姿に熱いものを感じました。そして、こんな経験の積み重ねが、人を成長させていくのだなと実感しました。


PDFファイルについて

ホームページの一部内容は、PDFファイル形式で掲載をしております。PDFアイコンもしくは、(PDF)表記のあるリンクをご覧の際には、「Adobe Reader」が必要となります。インストールされていない場合は、Adobe Readerダウンロードページ(外部サイト)へお進みください。